カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 熱中症防止:車の中に愛犬を放置しないでください

熱中症防止:車の中に愛犬を放置しないでください

怖い熱中症

犬を夏の熱い車の中に短時間放置するだけで、熱中症になるリスクがあります。
熱中症は死亡に至る可能性が高く、非常に危険です。しかし、これは簡単に回避できます。

熱中症
 
数分で車中の気温はあがる

人間よりも汗腺がかなり少ないので、犬は体温に非常に敏感です。
汗腺は犬の体全体ではなく鼻と足にだけあります。体温はパンティング(あえぎ呼吸)によって調節されます。
熱い車の中では、犬の体全体はあっという間に過熱します。

夏季には車内でなんと最高70℃まで上昇する可能性があると言われています。
気を付けて頂きたいのは、外気温が20〜25℃で快適な日でも、太陽光の量により車内は高温になる可能性があるということです。
窓を開けるだけでは、解決策になりません。

気温が約30度であっても、犬の熱中症の危険性は高まります。
特に子犬、高齢犬、そして黒い犬は、より低い気温でもリスクが高まります。
 
愛犬が熱中症にかかったらどうしますか?

  • できるだけ涼しい環境に移す
  • 水をあげる
    • 水が冷たすぎないことを確認する
    • 水を飲むのを強制しないこと
  • 冷たい水の中に入れたりせず、落ち着いて体温を下げるために湿らせた布を使う
  • 愛犬の足を湿らせる

これらの応急処置の後、できるだけ早く獣医さんに連れて行ってください

また、夏の車中に放置された犬を見つけた場合は、可能な限り飼い主を探してあげてください。
 
皆さんの愛犬がこの暑い夏を快適に過ごせますように!