カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • ドイツのペット事情 〜ティアハイムでしあわせ生活〜

ドイツのペット事情 〜ティアハイムでしあわせ生活〜

動物が幸せな国、ドイツ

ドイツは動物が大切にされている国のひとつです。
実はドイツでは動物が「もの」ではなく、人間と同じような法的権利を持つ存在である、と憲法で定義されています。動物の権利が守られている国。
そんなドイツの「ティアハイム」について本日は紹介したいと思います。
 
このお部屋・・・

ティアハイム

日本のワンルームくらいの広さがあるお部屋・・・。
ここに猫さんが一頭でリラックスしています。

ここは高級ペットホテルではなく、「ティアハイム」です。

 
ティアハイムとは

ティアハイムとは、直訳すると動物の家。
日本で言う動物愛護センター、動物シェルターです。
犬、猫をはじめとして、ウサギ、ハムスター、鳥など様々な動物が保護されています。


シベリアンハスキー

ウサギ

愛犬・愛猫との出会いの場所

ドイツではペットショップで犬や猫を買うことができません。
そのため、多くの人々がティアハイムにいる保護犬・保護猫を家族として向かい入れます。

ティアハイム

この日も多くの人が訪れていました。
ティアハイムの中はとても明るく広々としていて、清潔感にあふれています。

清潔

動物園特有のにおいもせず、猫の建物はどちらかと言うと動物病院の匂いがします。
もちろん獣医さんも常駐で、安心して暮らせます。

里親探し

このように各部屋にその子の情報が書かれています。
これは先ほどおなかを出して寝ていたドッティ―ちゃんです。
2004年生まれの女の子。2016年7月にティアハイムにやってきました。
小さなお子さんと一緒に暮らすのが難しかったそうです。

でもここティアハイムでは、いいご縁が見つかるまで何年でも、命を全うするまでしあわせに生きることができます。

フードに対する考え方

動物が守られる国ドイツでは、動物に対するフード基準も厳しいです。
ジョセラでは厳しい基準をクリアしているだけではなく、環境にやさしい製法で、天然成分のみを使った最高品質のペットフードを作ることをミッションにしています。

次回はなぜティアハイムが成り立つのか、その仕組みについてご紹介いたします。